中古車を下取りするメリットとデメリット

クルマを買い替えるとき、中古車の処分方法については、主に下取りと買取の2通りの方法があります。

どちらの方法を選ぶほうが良いのだろうかと迷うことが多いのですが、どちらにもメリットとデメリットがあるので、それぞれの特徴を知ったうえで判断すると良いでしょう。両者のうち、昔から行われていた方法は下取りのほうです。
クルマを購入した販売店に買い取ってもらうことを下取りと言いますが、下取りのメリットは手続きが簡単であること、年式が古かったり、状態が悪くて、とても高く売れないようなクルマであっても、その販売店から新車(あるいは中古車でも)を購入してくれることから、下取り価格に色をつけてくれることも少なくありません。

特に、値引きが少ない新車や中古車を購入するときに下取り価格でその分を頑張ってくれることが少なくありません。



また、下取りのメリットとして、クルマが納車されるまで乗り続けることができることがあります。
買取の場合は納車されるタイミングよりも早く売ってしまうと、乗るクルマが無くなってしまうので、これは下取りの大きなメリットと言えるでしょう。

livedoorニュースの最新情報ならこちらを参考にしてください。

さらに下取り額を購入するクルマの販売価格から差し引いてくれるので、実際の支払額の負担感が少なくなるのも嬉しいところです。逆に下取りのデメリットは、やはり買取に比べると下取り額が少ない傾向があることです。

特に人気車の場合その傾向が強くなるかもしれません。

また、下取り手数料(10000円〜15000円程度)が必要ですが、買取の場合そのような手数料は発生しません。